ワンダーナンダーなblog

ブログは主に犀川桜鱒を中心とした北陸でのフライフィシングや登山などトライアルの模様を報告しております。ほか食べ物でラーメン店と少々お気に入りや話題の金沢のお店など掲載させていただいております。 追記、広告掲載には過去に自分の愛用したものやよかった所など選んで 貼り付けてますので、吟味していただければ幸いです。購読ありがとうございます。

2013年06月

タイムトリップ失敗

庄川支流に虹鱒・大ヤマメのいる川がある。
昨年、友人から教えてもらいでかけたが
おおきいのをばらした。
金沢から数時間で山岳渓流の中で我を忘れる事ができる。
数時間のタイムトリップに出かけた。
P6280356



































よく雨がふるのだが、どう影響がでるかはまだ未知数だった。 
P6280328



















猪・熊も多い、という噂・・・でもいるのは鹿。でしょ・・・
だが鹿もいない。
でも音はする。コロッコロッと鹿が崖を歩くと石ころがぽつぽつ落ちてくるので
要注意である。
雨も降らないはずだったが、
P6280334



















かわいいのを一匹、ヤマメ
P6280336











 







P6280349













 





弱っていたのですぐリリースするが休んでいる。
P6280350



 















いってるうちに雨が降り出した。
増水するほどではないが濁りが強く終了。
P6280351





 













これでタイムトリップ失敗。
P6280358



 















おにぎりくって撤収する。




 

阿寒湖事情2013年

ほんと大型低気圧がかすめていったせいで厳しい状況となった。
そんなときの過ごし方で・・・
P6220269



















ニュー阿寒のバイキングはまぁまあぁサラダがおいしい???
送迎や釣り場へのピックアップは24時間体制なので助かります。
IMG_2163



















飲み放題を選択しましたが寒くて、進みませんでした。
IMG_2164



















ジンギスカンはずしました。
IMG_2165



















来年は朝食のみでいいかな〜
あと、毎年プロ杉坂隆久さんが来られて長期滞在しているので、ポイントで
あえれば、気軽に話してくれる気さくないい方。なんでも教えてくれます。
湖のスペイやスカジッットに関しては軽いラインを選択すると
フッキングがあがり釣りやすいとの事でした。
フロートでも不純物が高く、ラインのトップ沈んでいきます。阿寒湖では・・・
P6190189



















阿寒湖は毎年9月〜10月にワカサギ漁をしていて終了すると
そのワカサギを求めて、天然のワイルドレインボーが食ってくれる
釣りが引きやフローティングワカサギの釣りで堪能できます。
ティペットは最低でも2Xもしくは0X。の釣りになります。
川よりもふた回り大きいのがアベレージになるので本州のビッグ1
サイズが手軽にチャレンジできる範囲にあるとの事。
茶路川のスポルディングアメとセットでやるとなかなか楽しい。
いそがしいか。
やはり遡上魚は引きが違うらしく、やった方はスティルヘッドと
遜色ないようだとの事。・・・・
今回は一応テスト程度に
ダブルハンドを振りましたが、スペイの方が基本的軽く負担がなく一日投げられる
ことは間違いなかったです。のぶさん感謝します。
あと阿寒川のパターンは輪島支配人にきけば何とかなるでしょう。
ニュー阿寒フィシングブログhttp://newakanhotel.co.jp/ 
釣りガイドも教えてくれます。
直接なら釧路・阿寒方面のガイド「釣らせや」さん代表望月  透香さん
住所 北海道釧路市豊川町9-8 TEL 0154-25-4394
 http://turaseya.web.fc2.com/index.html 
おすすめのそばやさんは健在でした。奈辺久やったか。ワカサギ天ぷらそば
もりそばも頼んだ。
P6210264














 




JALは電子機器の規制が緩いので・・・ マウント富士が小さい。
P6220326


 
















どちらかというとアメマス釣りは癒し系ですね。
まだまだ知らない事がたくさんあります。
P6220295



















癒やしてやるワイヤ〜 来年もよろしく。


 

2013年阿寒湖 その3

なんだかんだで最終日です。
4日目の夕からやっと、モンカゲを大島あたりで食ったと情報
がはいりいよいよ来たかな という感じでした。
晴天を祈ります。本日は6時起きで12時半までの勝負。
いよいよ最終日!
P6220273



















日頃の行いか! ちゃんと晴れたワイヤ!
P6220275


                     















最高やわいや!
P6220277



















余裕のライズ待ちやワイヤ!原野付近から大島前まで打ち込みながらの
ウェーディングで途中小さなライズをみつけては打ち込みます。
一番、ここかと思われるポイントで待っていると、目の前でライズがありました。
モンカゲもちらっとでてました。
P6220324



















モンカゲダンでしとめた57センチ。
ローリングさせて5分くらい掛けましたP6220293




















少し岩魚っぽい。金色がほしい。
P6220304



















曇りがちでアメマス本来の金色がでず今度はゴールドあめます
釣るまで頑張ります。
P6220320



































釣られたワイヤ!
P6220319
P6210268






































阿寒レイク前のにぃぽぽのお守りが効きました。
アイヌの伝統の彫り物。
P6210267



































杉坂さんいわく、ライズはボッケ小島、大島回りと始まり
ヤイタイや風の影響で恩根内と続くそして再びあちらこちらで
始まるのだが、今年のように雪解けが遅く冷えた年は
集中ハッチがあるそう。まだ25日現在確かなハッチ状況は
得られず、スペントパターンで爆発となりそうな年も予想される。
大方、予想は出来るが周期で10日以上ずれ込むと
10年以上通っている方でも予想は難しくなる。
温暖化の影響とはいえ、あたるのが難しいのでこれからも
阿寒湖のアメマス釣りはおもしろくなりそうだ。
しかしライズに一度もあえないといった方もいるので要注意だ。
本年の成績。6/18~6/22まで
阿寒湖 アメマス57センチ(モンカゲロウダン)
   他アメマス5本ばらし  (ワカサギ・ハバチ・赤まだら・ソフトハックルダン)
   阿寒川  ニジマス50センチ。赤まだらスペントパターン
        他ばらし 1本
昨年を一応上回る事ができて、協力していただいた方に
感謝します。 ありがとうございました。























2013阿寒川・湖 その2

大体、湖の様子も分かった。そこそこハッチがなくても
水温の高いところをえらべば、魚はくってくれる。それも
遊覧船や高速船の出す波が護岸へ激しくぶつかり風にのり。ハッチした
虫や落下物。スペントなどが岸際に浮遊されそれを、食べにアメマスが
漂っている状態でした。濁りさえなければサイトで楽しめますが、いったん
荒れれば、湖も海とかわりなく断念しなければいけない厳しい状況でした。
つまり阿寒湖は晴天で風が適度にあること。が重要でした。
それが台風でこんな感じ。3日目
P6210249



















霧の阿寒湖・激しい南西風がふきだし午後からは雨が予想される。
とりあえず阿寒川へトラバース。
P6200211



















幾分気温が高い。ホテルニュー阿寒(エメラルドの前身)は24時間
の車でのピックアップ体制なので、レンタカーいらずで助かります。
輪島支配人ニュー阿寒 には感謝します。島へは渡船があり移動できるので
全く交通手段を悩まず。むしろポイント選びに悩みます。
P6200233












 






滝見橋と旧ホテル跡地からのちょうど中間地点。L路ポイント
 川沿いに人道ができていて上から川の様子、が観察
できる。それも川沿いずっとつくってある。
これは地元の漁協とガイドさん達の功績である。
P6200231











 







まあ自然にできたのでしょうが〜ライズも観察できます。
P6200245



















この美しい水面、まりものもとか??癒しの川である。
ここのL路にはいつも田代さんがいらっしゃるらしいので、本日は
最初に乗り込んだ。
案の定、数分すると田代さんが知人をつれてそのL路へむかっている。
ティムコの社長夫妻さんらしい。
私は目もくれず、その後ろのストレートラインを陣取り去年、釣った場所
でライズまちする。小1時間ちかくまっただろうか?本日は気温があがらず
ハッチが鈍い。17度をしたまわると少し厳しい様子。
でやっと始まった。いろいろ試したが、情報どおり赤まだらのスペントが
補食されていた。一応なんとかかけて最初の1本なので丁寧に釣った。
あきらかに50近いニジマスがジャンプをして川を走る、。竿を寝かして
対応し疲れてきたところで水面の強い流れの水を飲み込ませるとすいすいと
よって来た。しかしここからも今回は手を抜けない。竿先を水面に近づけいつでも
走られる準備をして上流部へ走らせ、落ちてきたところを一気にランディングした。
P6200221



















太さわかりますか?
P6200230



















ピンぼけごめんなさい。
P6200226P6200225P6200224P6200223P6200220



 































































































55程近くある。
#ロッドティップをうまく使う事で魚をかわす自信が少し付いた。
しかし虫が少ないと、ライズもまばらでいつもより、ネガティブに
偏食が激しくなる様子。
それを見ていた田代さんと挨拶した。
師いわく今期もう「400本はかけてます。」
『魚も学習しているのでそんなに簡単に60オーバーは釣れませんよと!』
去年田代さんがいってから私、瀑釣しましたといったらギョーといった顔で
その場所を譲ってくれた。まあこの日はスクールもなく上で知人がのんびり
釣っているとの事でした。18日は爆発したそうですが、昨日といい冷えきっていて
このありさまだと・・・魚のやる気なさをかったていました。
まあそこで少し様子をみてレーンにはいった。魚にラスティカラーのスペント
を入れると1発で食いました。気持ちいいです。フック#18でティペット5X
でやりとりしながらローリングさせ、浮いたかと思って走らせたら、なんと
スプールの外にラインがかかりロック状態になりフライが奪われました。
こんな事は初めてです。さすが大きくなると魚もいろんなトラブルがあります。
大きめのスプールがいいのかな???
そんなかんだで貴重な赤まだらが奪われてあと1本しかありません。
とりあえず昼過ぎまで様子を見ます。
やはりえさが少ないのか・・・なんとウェーディングしている足下に
魚が集まってきてます。それも帯状に・・・動くたびに砂利をニンフかと
思い補食体制に入ってます。
P6200243



















これ全部50〜オーバーのつわものです。
P6200242



















あとで聞くとそれは、ニンフで釣ってはアメリカでは禁止
されているとの事。逃げもせず足先1メーター先または50センチまで
近づいてきます。おまえら!ちゃんと餌とれよって感じです。
あまりにもいやされてしまったのでその日は終わりました。
その日は夕方に支配人と阿寒湖のシークレットポイントを教えてくれるという
ことで夕方にはスタンバイしてましたが・・・・
川もだめなら湖もだめというう事で撤収し日本戦のイタリアとの再放送
を見て寝ました。
当然釣りきれず、次の日も川へ行きました。
さらに冷え込みライズはしょぼく。ただ田代氏だけが
午前中に1っぽんかけていた。 大きな声を出して釣られる陽気な方だった。
なんと大きな声で『5Xと6Xで黒島飛螻蛄』だぁ〜と!!
さけびながら釣られます。
まあ〜赤まだらはおわったといいたいのでしょう。シマトビケラなにか
パターンがいります。詳しくはニュー阿寒の輪島支配人まで、詳しく
教えてくれます。
また田代氏も譲ってくれたのでトライしましたが、今回は手強かったです。
一応、ドライで釣っていたので、流儀を通してニンフはやめました。
なにかウェットとかやめざる得ない雰囲気がありました。
ウェットパターンでも釣れるパターンがあるそうです。
でかいハバチから攻めるとなんでインジケーター使うんやと指摘もあり。
しかし、このあとコクツトビケラや大型カディスでくってくるようになるのです。
日本のカゲロウ、トビケラが目まぐるしく変動し大釣りするチャンスもあります。
田代さんはパラボリックのグラスロッドを使用しており僕のグラファイトを見て
それは絶対ばれますと・・・言い切られました。今度この人の前でカーボンロッドで
爆釣したいと思います。













 

2013年 阿寒湖突入 その1

 朝5時起きで11時発羽田から女満別空港まで13時過ぎにて遅れ
そこから、ニュー阿寒のピックアップ送迎で到着は15時過ぎ。
正味7時間程度で日本の最北端の空港へ到着する。
あんたどこからやねん!石川やわいや!
今回は網走からの侵入で前回より2時間早く現地へ到着する予定だった。
まあ30分遅れたが、去年よりはゆとりがある。
最初はボッケへ今年は雪解けが遅く、水温の低下がありはっちに
影響がある。ウェーダーはネオプレーンも用意した。
とりあえず水温を感じるためゴアで入る。
まぁまぁの水?やはり夕は風が吹くと冷えてくる。
ボッケは温泉が湧いておりその周辺に寒いと釣り人がよってくる。
ワカサギなど栄養分が富んだこの成分によって集まり、あめ鱒もあつまる。
ボッケは超1級ポイントなので人気がある。当然もんかげもハッチする。
初日はここへはいるのが日課となっている。
P6180173



















ボッケに付くと杉坂隆久さん含む4人の取り巻きでぼっけが盛り上がっていた。
たかさんのお連れさん達が、砂浜のシャローへはいったのでラッキー
僕も岬の中間地点へ入り込む。一言挨拶するが勝ってにどうぞといった感じ。
その後、ライズもないのでモンカゲ風マラブーやワカサギを引く。
さっぱり。南風に乗せてロールキャストを繰り返します。
しかしたかさんが、はばちでぽわんとしたライズをとる。魚もでかい。
60近くあるアメマスである。11フィートぐらいのトゥイッチロッドが
大きく曲がっていた。さすがである。
その後もう1本かけていたが、1本はばれていた。
で早速私も、ちゃべちゃべと岸際によってくる・・・といます。います。
ワカサギのシンコの群れが、ちょうど#6ぐらいのじっとまっていると
よくわかります。そして隣でキャストでたたかれたのかワカサギを
食いにきたアメマスがいきなりごっぼと目の前でライズします。
一応フローティングワカサギでゆっくり引くとガッボとくわえます。
ここにくるやつはでかいサイズばかりです。思いっきり走ります。
いきなりでやりとりしていましたが、ややネットを出すのが早かったのか
ロッドをたてた瞬間にフライをはじきだされました。このあともフッキング
するのですが、食いが浅く瞬間はじき出されます。
2回連続はショックだったが誰も釣れていないのでなんとか明日はなると思っていた。
しかし、たかさんに発見されてしまいワカサギはまれだよと
言われた。その日は熱くはばちばかりでモンカゲはまだ食っていないとの事
でした。これからだそうですが今年は遅れ気味でなにか嫌な予感です。
おまけに台風が接近している。しかし雨すなわち低気圧はハッチの元
大歓迎です。
翌朝霧の渡船場釣りランド阿寒。
P6190176



















19日の朝6時起きでヤイタイ島へいく。神社がまつってあり祈る。
ヤイタイ島 パワースポットである。ここだけなぜか暖かい。
P6190181



















P6190187









 










この島に一人取り残される。
P6190188



 















しかし、晴れだすと爽やか。
P6190190



















P6190189



















何事もなくポイント移動する。シークレットポイントへ
P6190197



















大きいハバチ。#14ぐらい
P6190199



















周囲赤まだら。の中央にモンカゲがいる。本物。
P6190203



















これが食われない。
P6190206



















わかりますか? 右手前のモンカゲを残して赤まだらやハバチから
食べて最後にもんかげを食べました。
それも実験にとべなくしたモンカゲでした。
P6190200



















かなり偏食しています。これ相当厳しい状況。
モンカゲしか持ってきてない人は・・・・
2日目も、たかさんに渡船乗り場であったので
状況をきかれたが、モンカゲはまだ反応がないとの事。
ハッチしていてもくわないのである。
その日はかろうじて晴れて、赤まだら・はばち・#14〜#18で3本
くわせたがこれも3本バラしてしまった。かなり重傷である。
たかさんは、ゆっくりむこう合わせでフッキングさせてやればいいのではと・・・
あまり竿をたててフッキングすると浅くてばれるよとアドバイスを戴いた。
釣りランドの有名 レイクロブスター
P6190207



















1皿1000円 阿寒湖の内田ザリガニである。P6190209




















中はみそだらけ。まあまあであるが修学旅行の高校生の餌食
担っていた。夕からは情報収集へ友人宅へ連絡をした。
次の日は気分を入れ替えて阿寒川へニジマスの
サイトフィシングにいく予定である。























 

シグネイチャーロッド入魂

roopシグネイチャーgass8140−4購入しました。
P6070161



















P6130169



















この日気温は30度をまわった日・・・
暑い中、スペイの基本を教えていいただきお疲れさまでした。
のぶさん。今日も晴れすぎました!!
これを習得し本年はなんとか、バットを絞り込ましてくれる
魚をとりたいと思います。
P6070165



















とりあえず、明日から阿寒湖いってきます。
最初3日間雨模様・・・・
雨だ雨だとブログに書いていたら、ほんとうに雨になってしまった。
去年もこの週はあめだったのである。
そしてモンカゲライズがはじまったのである。
今年はどうか、神様お願いします。
いつもありがとうございます。
IMG_2144



















稚鮎フライ。も連れて行く。ワカサギの親戚として。
ちなみにシグネイチャーとは認証済みまたは認定済みの意。














 

再アタック九頭竜川5・31

実は、いってしまった。最終日の九頭竜川へ
あまりにも、前回が感激的だただけに・・・・P6170171             




















P5310144



















しっかり刈り取られた河原
P5310147



















人・人も水道局前。8時過ぎ。前回のような魚影はなし。
P5310152P5310153P5310154



























































10時頃からはたや前。 ここもさすが最終日,人だらけ。
10メーター間隔で3人入川し満員状態。
隣のルアーマンが何か魚をすれでかけてしまい、一時竿をもって下流まで
走ったが、ニゴイを無事ランディングした。
みなさんの視線を一斉にあびるので竿が曲がると緊張する。
皆さんルールを守られるのでトラブルなく一つの挨拶で気持ちよく
釣りが出来ます。さすが1流ポイント。
しかし本日は魚はみることが出来ず。最終のポイントに
また水道局前を選びましたが。全く前回のような鮎稚魚も移動して
おらず、状況変化の速い川でした。
逆に高速下やトロットした流れで頻繁に虫を食っているライズがあり
それにトレースしているフライマンを見かけました。
おそらく長良川のシラメ釣りのような感覚でフライをトレースしていくのではないかと
そのようなポイントも発見しました。今後もいろんな形で桜鱒への
チャレンジが出来るパターンが増えますます魚も擦れて難しくなりそうです。
来年は泊まり込みでこようと思います。







































 
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
最新コメント
記事検索
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
プロフィール

シムス

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ